Tour Gold Coast English
どこで野生の動物を見るのですか?
サーファーズパラダイスから車でわずか20分の至近距離にある市役所が管理する自然保護区にて野生の動物たちの自然の姿をガイドと共に探索していきます。
コアラやカンガルーは必ず見れますか?
野生動物の為、100%の保証はできかねますが、例年カンガルーは100%、コアラは90%以上の確率で見ることができています。
お客様ご自身のカメラで素敵なお写真を残して頂けます。
動物達にエサをあげることはできますか?
野生動物たちの生態系を保護する為、自然保護区内での餌付けは禁止されております。
動物園とは何が違うのですか?
動物本来の自然な姿をご覧頂くことが可能です。
例えば、群れをなして飛び跳ねるカンガルー。(動物園では大半が仰向けで寝ています)意外と木登り上手なコアラ。(ええっ!!あんなに登れるの?)などなど
食事はどこで食べるのですか?
サーファーズパラダイスから車で15分程の住宅街にあります、地元の方々に人気のレストランです。オーストラリアならではの迫力のあるお食事を地元民に愛されるレストランにて、地元の方々と共にお楽しみ頂きます
食事が選べるようになっていますが、いつ決めればよいのですか?
ツアー中にガイドがメニューのご案内をしてオーダーを取りますので、事前のお申し込みは不要です。
ツアーのセールスポイントは?
人数限定!! 当ツアー限定!! 贅沢に両方味わえる!!

  • 野生動物達の生態系を保護する為に自然保護区内には入場制限があり一日30名様限定!!
  • 自然保護区内にお客様をご案内する許可証を保持しているのはTOUR GOLD COASTのみ!!
  • ゴールドコーストで野生動物を見ることができるのはこのツアーのみ!!
  • 動物園などでは見ることのできない野生動物たちの自然な姿をご覧いただけます。大草原を駆けるカンガルーたち等。
  • オーストラリアならではの迫力満点のお食事をご用意しております。1ポンド(約500グラム)のTボーンステーキとシタビラメの姿焼き(およそA4サイズ)と他では体験できないボリュームをご堪能ください。
  • 弊社ツアーでは必ず世界遺産に指定されたナチュラルブリッジ国立公園を訪問し、野生の「土ボタル」をご覧いただきます。
  • 世界遺産内では最後尾のお客様にもガイドのお話が確実に伝わるよう、トランシーバー型ヘッドホンシステムを活用いたします。
    山の中でのご案内が今まで以上に鮮明に聞きやすくなりました。
  • 恐竜時代から続く植物や樹齢千年の木など世界遺産の大自然の壮大なスケールを感じていただけます。
  • 南十字星をはじめ南半球の星空をご覧いただける。(天候による)
    曇りや雨等、星が見えない場合でも専用タブレットを使い星座のご案内を致します。
    『南十字星見つけ方講座』などなど。
  • 懐中電灯や雨具は当社で用意しておりますので、特別な準備は必要ありません。
土ボタルの写真は撮れますか?
国立公園の規則により、洞窟内ではすべての撮影とスマートフォンやビデオのモニターを含む光が出る器具の使用は禁止されております。代わりに洞窟内で輝くその神秘的な光を堪能し思い出としてお持ち帰りください。サーキットウォークでは、フラッシュやモニターの光が出ない設定での撮影は許可されています。
どのくらいの距離を歩きますか?
自然保護区では片道約1キロメートルの平坦な道を、野生の動物たちを探しながらの散策となります。夜の国立公園内では舗装された遊歩道(階段あり)を片道約500mほど歩いて洞窟に向かいます。歩きやすい靴でのご参加をお勧めいたします。
子供でも参加できますか?
問題なくご参加いただけます。
ただし夜は照明のない暗い道を歩きますのでガイドの指示を遵守いただき、保護者の方にはお子様の安全に十分ご配慮いただきたいと思います。
ベビーカー、車椅子での参加はできますか?
国立公園内には途中階段が含まれているため、ベビーカーや車椅子でのご参加はできません。
足が悪いのですが参加できますか?
基本的にはご自身で歩けることが条件になります。介助のできる方がご同伴いただける場合などは事前にご相談いただきますようお願いいたします。可能な限りのお手伝いをさせていただきます。
雨が降った場合ツアーは催行されますか?
荒天により自然保護区や国立公園が閉鎖にならない限り催行いたします。
ただし、雨天時の野生動物探検は車窓からの野生動物の鑑賞と、ハーバータウンショッピングセンター(アウトレット)見学になる場合があります。
土ボタル鑑賞は雨天時でも実施いたします。土ボタルは湿気を好む生物であり雨の日のほうが見える数が増加し、その光がより強く輝くといわれています。
雨が降った場合雨具は必要ですか?
レインコートをお一人に一着ご用意しておりますので、雨具をお持ちいただく必要はございません。
何か必要な持ち物はありますか?懐中電灯は必要ですか ?
懐中電灯は当日皆様に一人1個ずつお渡ししますので、必要ありません。
その他特に必要なものはありませんが、夜間の山間部は町よりも3~4度気温が低くなりますので、防寒具を持参されることをお勧めいたします。
虫除けスプレーは必要ですか?
自然保護区内ではご利用いただけますが、夜の土ボタル鑑賞の際は国立公園内での虫除けスプレーや香水の使用は国立公園の規則で禁止されている為、ご遠慮いただきますようお願い致します。
  • About Us
  • About Eco Tour
  • From Gold Coast
  • Optional Tour Menu
  • glow-worm
  • glow-worm
  • whale-watching
  • gourmet
  • morning-adventure
  • charter
  • Booking
  • Hot Deal
  • Contact Us